引越しを効率よくしたい!

引越しで三トン車を現場に入れる場合

引越しで三トン車を現場に入れる場合

画像の説明
引越し業者が作業員を三人以上入れる時には、基本的には三トン車あたりを現場に入れる事が多くなります。このサイズの車両になると四人家族以上の家具類が入る計算となります。

ただ、庭の収納倉庫などに入っている、自転車や三輪車、庭の掃除用品などが多くあった場合、車両に入らなくなってしまう可能性があります。

段ボール箱のように積み重ねる事が可能なタイプであれば良いのですが、イレギュラーな形の物が増えすぎると、対応出来なくなってしまう可能性があります。

見積で漏れがないようにチェックしてもらうことが重要ですが、少しばかり余裕があれば出来るだけトラックは大きめサイズを現場に入れてもらう事が大事です。このような、見積に計算する事を忘れてしまった物がいくつか出てきた場合にも、無料で積載してもらえる可能性があります。

このあたりは、地元の引越し業者などの場合にはちょっとした交渉で納得してもらえる可能性がありますが、全国チェーンの引越し業者の場合にはこのような予定外の道具が見つかった場合のマニュアルが決められているので、すぐに無料にしてもらえる可能性は低いのです。

その為、大手の引越し業者の三つ盛り担当者を呼ぶときには、家の隅々までチェックして漏れがないように確認してもらう必要があります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

ネイルアート