引越しを効率よくしたい!

釣りに行きたい

釣りに行きたい

画像の説明
季節問わず、釣りに行きたいです。友人の影響が、そのまま私に舞い降りました。日本語はおかしいけれど、染まってしまったという現実です。灯台下暗しとは意味が違います。朱に交わり赤くなったといえます。環境は重要です。誰と関わるかによって、人生も変わってしまいます。誰と過ごすか、慎重に見極められなかった結果、今の私がココにあります。野球ばっかりな友人の影響も強く受けてきました。似たような話は書ききれないほどです。
書いておくべき大切なことは、今の自分に友人が少ないことです。信頼とは難しいことなのです。やたらな人に私のことを知られたくないという考えがないとも言いません。確認で書いておきますと、私自身プライドが高いとか、そこまで風変わりなわけではなく、ただ単に警戒心が人一倍な感じも否めません。
珈琲大好きな友人の影響を受け、喫茶店通いも身につきました。しかしそれは、過去の友人です。今では連絡を取ることも無いに等しいです。縁を切ったわけじゃないけれど、自然消滅のカップルのような状況です。家が遠いわけではないが、二人の互いの心が一致しなければ、やはり会う回数が急激に減ってしまうのでしょうか。そろそろ再会しておくべきタイミングのようにも考えます。
初めに書いた釣りマニアな友人、彼は東京へ引っ越した同年代の友人です。このブログの中盤に書いた友人は、茨城出身で、学生時代のみ埼玉へ引っ越してきたのです。細かなエピソードは、また日を改めて書くつもりです。過去の情報なので、正確に掘り起こして日記に書きたいと思っています。
話は違うけれど、そういえば5日前頃に私が近所の不動産屋を通りかかった際、幾つかの賃貸物件情報を“通りの店頭ガラス”で確認しました。ああいうのって、人を立ち止まらせる事を目的にしているのかな?と感じたんです。ちょっと書いておきたかったんです。心理学の勉強や商業的なプロモーション手法、マーケティング関連の勉強を始めたいと感じているこのごろであり、そんなことを私は忘れられなかったのです。全体的には上手く文章をまとめられなかったけれど、思いついたままに飾ることなく書いてみた結果です。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

ネイルアート